今後、投資格差は開く?売買サポートシリーズはどんなことをサポートしているのか?

売買サポートシリーズはどんなことをサポートしているのか?

銘柄間格差や売買の巧拙による格差が非常に開きやすく、今後ますます開きは大きくなりそうです。

選別色を強めていく展開が予想されます。

買い推奨のサポートだけではとても株で財産形成していくのは難しいと痛感した結果、行ってきたサポートです。皆様の声を反映して行っているサポートです。よくご理解ください。

様々な機能がありますのでここで整理しておきましょう。

追加投資サポート

ウェイトを高めていくことをサポート。少ししか買いを薦めていなかった株を追加で買いを薦め、ウェイトを高め、影響度合いを高めていくサポート。自信度が深まり、高まる場合に行われます。

ウェイトの引き下げサポート

ウェイトを低めていくこと、もしくは全て売却することをサポート。買い推奨を行った銘柄の状況の変化に応じて売却推奨し、徐々または一気にウェイトを低めていくサポート。自信度が弱まる、またはほかにいい銘柄が出てきたとき、相場状況に自信が持てず現金化を促す場合などに行われます。

銘柄入替サポート

日本株は3500銘柄、中国株は1500銘柄あります。資金に限りがある以上、買える銘柄は一握りです。まして、30万円とか100万円とかの資金ではなおさらです。その一握りの株が当たりであればいいですが、そうとは限らず、もっと買っておいた方がいい銘柄が出てくることは常にあります。よりいい銘柄に入れ替えていくのが銘柄入替サポートです。

損切りサポート

損切りはプロでも難しく、非常にストレスのかかることです。だからこそ、それを避けたい気持ちが出てくるのはやむを得ないと思います。しかし、これを出来ないばかりに長い間のストレスになり、悩みの種を抱える可能性があります。ですから、早い内に悪い芽を摘むことは極めて重要です。売った途端に楽になるのがこの損切りです。これをサポートします。

打診買いサポート

銘柄や状況によっては、資金の範囲の内、少しのウェイトくらいはかけておいた方がいいというケースがあります。とりあえず少しでも買っておく打診買いです。ウェイトは少なく全資産に与える影響度合いが低い範囲で少し参戦をお勧めするサポート。その後の状況次第でウェイトを引き上げたりしていくケースもあります。

利益確定サポート

損切りも難しいですが、利益確定も難しいのです。どうしても自分で持っているものはいいものと思いたいし、騰がれば騰がったで「もっと上昇していくのではないか?」という期待感を持ちます。下がってきたら下がってきたで「また、反発してくれるだろう」という期待感を持ってしまうから利益を確定するのは難しいのです。騰がれば売るのは簡単と思っていてもそう簡単ではないのがこの利益確定売りです。一部利益を確定したり、全部利益確定したり様々なケースがあります。

これらは全て各成功ナビの売買サポートシリーズでサポートされていきます。

ほかにも様々な機能を持っています。

株の悩みはこれらのサポートによってはじめて解決されていきます。

銘柄名 今後、投資格差は開く?売買サポートシリーズはどんなことをサポートしているのか?
まずは3ヶ月/9,000円~の会員登録でライジングブルの実力をお試しくださいませ!
株式投資顧問紹介
会員登録はこちらから
pageTop