つい初心者がやりがちな事を事前にチェック

株初心者必見!株式投資で押さえておきたいポイント

株初心者が陥りやすい落とし穴とそれを回避するためのポイントをご紹介します。

売るタイミングを逃す

損切りができずに、株価が下がり続けて売れなくなってしまうことがあります(塩漬け株といいます)。下がりはじめたときに、盛り返すかもしれないといった淡い期待を抱いても、株価が元どおりになるとは限りません。経験にもよりますが、損益が拡大する前に早めに売るというのも重要な選択肢のひとつです。

仕手の存在に注意する

仕手とは、短期に特定の銘柄を大量購入し、その銘柄が上がると見せかけて投資家を集め、株価が上がりきった段階で購入した株を売る人達です。ですから、株価がなんの前触れもなく上昇しはじめたら用心してください。もちろん、すべての株価上昇が仕手によるものではありませんが、わけもわからずに飛びつくと大損をしてしまう恐れもあります。

投資額で無理をしない

株初心者が失敗しやすいのが、投資額の設定です。現在の収入やお小遣い、貯金などを考慮して無理のない金額から株式投資をはじめるべきです。知人や消費者金融から借金をしてまで資金を集めた場合、損をした場合に最悪自己破産になることも考えられます。大きな勝負に出ず、はじめは30万円程度からスタートするのがコツです。

まずは3ヶ月/9,000円~の会員登録でライジングブルの実力をお試しくださいませ!
株式投資顧問紹介
会員登録はこちらから
pageTop