初心者のための資産運用ノウハウをご紹介

初心者が安心して始められる資産運用とは

株式投資、不動産投資、純金積立、外貨預金、投資信託、国債など資産の投資先はさまざまなものがあり、どこで運用するかは非常に迷いどころかと思います。資産運用次第ではさらなる資産形成に繋がる一方で、資産が減るというリスクもあります。
いかにリスクを押さえた資産運用を行うのかを、運用先の長所と短所を見ながら精査を行う必要があります。

資産投資先を把握する

■投資信託

外資、銀行系列などの投資ファンドや証券会社の専門家に資金を託し、債券・為替・株式などの商品に運用を行ってもらう投資方法です。
投資会社はさまざまな投資商品を取りそろえ商品に対し多くの投資家を募ります。集めた多額の資金で運用を行い、出した利益を投資家に分配します。

●投資信託のメリット

・少額からの運用が可能
商品によっては数万程度から始められる投資もあるため、少額で始められるメリットがあります。

・すべてお任せなので、ただお金を託すだけ
投資ファンドなどの企業にいる専門家が投資家に替わり、運用をおこなうため手間が掛らなのが特長です。

●投資信託のデメリット

・運用する人間の優秀であるかの判断が分かりづらい
企業や商品にはファンドマネージャーなどの専門家が必ずおります。ただこの方々が本当に利益を生み出すかは過去の実績などを見ながら選定する必要があるため、見極めが非常に難しくなります。

・利益や運用額面に応じたコストが掛る
投資信託には「買い付け手数料」「信託報酬」「信託財産留保額」といったコストが発生します。これらのコストは運用資産や基準となる価額に応じて料率を決めているため、多額の手数料が発生する場合があります。

■定期預金

銀行に対して定められた一定期間、お金を預ける投資方法です。銀行はそのお金を元手に運用を行い利益を出します。投資家は預入終了期間までに発生した利子を利益として受け取ることになります。

●定期預金のメリット

・元本割れのリスクが無い
通常預金と性質が似通っているため、銀行が倒産しない限りは元本割れを起こすことがありません。そのため投資先の中では「かたい」投資と言えます。

●定期預金のデメリット

・急な入用の際に気軽に引き出せない
定期預金はその名の通り「定期」に基づいた預金のため、途中解約をしない限りお金を引き出すことができません。途中解約には違約金が発生します。

・ローリターン
他の投資と比較すると定期預金は0.2%~0.4%程度の利息です。手持ちの資産を2年、3年で大きく伸ばすのには不向きな投資です。

■不動産投資

土地や建物に投資する方法です。分かりやすい例としてはアパートやマンションを購入して家賃収入を得る方法が一般的です。資産運用の中では現物(建物や土地)があるため、投資をしている実感が湧きやすい

●不動産投資のメリット

・長期に渡る利潤を得られる可能性が高い
不動産投資は定期的な家賃収入を得られるため、人気物件になれば長い期間収入を見込めます。

・経済の価値に合わせた収入が見込める
その地域の地価に応じて家賃上昇の可能性があるため、経済状況に応じた利益を生み出す可能性が高いです。

●不動産投資のデメリット

・少額での投資がしづらい
不動産投資は土地や建物への初期投資が必要になるため、地価が高い地域への投資をする場合は数百万から数千万、都内だと億に上るケースもありますので、少額投資には不向きな投資です。

・自然災害へのリスク
有形資産となるため、自然災害により建物の使用が出来なくなる恐れがあります。使用出来ない間は収入がなくなりますので、そのリスクを想定して投資先の地域を選定する必要があります。

■株式投資

株式を発行して上場している会社の株を購入するという流れが一般的です。株価の上がり具合で利益を得る投資方法となります。初心者でも入りやすい投資のひとつです。

●株式投資のメリット

・少額から始められる
安い株だと数千円から投資できる銘柄もあるため、投資初心者でも失敗時の損失を押さえた投資が可能です。

・株主優待を得られる
企業によっては株を保有する投資家に対して「株主優待」という付加価値を付けている企業があります。たとえば映画の割引や1000円分の飲食チケットなど企業が行っている事業によってその優待はさまざまなものがあります。「配当」という株主優待もあり、一定期間に株を保有している投資家に対して取得している株数に応じた配当金を得られるケースもあります。

●株式投資のデメリット

・口座を開く必要がある
証券会社に口座を作る必要があるため、初期段階で多少の労力が必要になりますが、どの投資でも初期段階では何かしらの労力が必要になるため、口座開設はまだ敷居の低い作業とも言えます。

・倒産や株価下落で、損をするリスクがある
株はその企業に対して投資を行います。そのため投資した企業が倒産した際には株の価値はなくなりますので、注意が必要です。

面倒はいやだけど自分で管理はしたい方へ

投資運用をすべてお任せするのは不安だけど、掛ける時間もあまりないし、でも資産形成はしたいという方は「株式投資」をおすすめ致します。どの株を買えばいいか分からない方も方向性を教えてくれる「投資顧問」という選択肢もありますので、一度検討してみてはいかがでしょうか?

実績のある私たちの投資顧問サービスを体感してください!

ライジングブル投資顧問のサービスは一般的な投資顧問と異なります。 通常の投資顧問ですと個別顧問となりますため、数万から数十万の顧問料が発生する場合があります。私たちの投資顧問サービスは月3000円ではじめることができ、経済状況や株価の変動に応じて投資顧問である藤村が分析をしたレポートを配信するサービスです。50万、100万円コースなどがあり、コースに応じた投資判断をいたします。

100万円コースはいまや評価額が1300万に!

2011年ころからはじまった100万円コース。3年経過した今では1300万まで評価価値を高めることに成功しております。50万円からはじまったコースも今では1500万ほどの評価額となっており、多くの方々にこのサービスをご利用頂いております。私どものサービスは1ヵ月や3ヶ月の短期投資スタイルではなく、中長期的な資産形成を一番の目的とした投資スタイルです。もちろん短期投資レポートもありますが、ライジングブルの投資顧問サービスの実力を体感していただくためにはまずは1年間の株式による資産運用を体験ください。

まずは3ヶ月/9,000円~の会員登録でライジングブルの実力をお試しくださいませ!
株式投資顧問紹介
会員登録はこちらから
pageTop