株は投資格差がとても大きく開くが、どうして?

株は格差がとても開きます。

何故でしょうか?

その時々の銘柄格差が激しいからにほかありません。

ある一定区間に区切ったときに、上がる銘柄と下がる銘柄があり、その差がとても激しいからです。これはいつの時代もそうです。

ですから、時流に合わせた売却や銘柄入れ換え、大化け株の売買、それぞれがとても重要になってくるのです。

このサポートが、もっとも弊社でも苦労するところですし、パフォーマンスも左右しますし、重要なのです。

具体例は数多く挙げられましょう。

ここでは、格差が生じていくプロセスをわかりやすい具体例で、説明しましょう。

●売却による格差

売却は損切りにしても、利益確定売りにしても、とても重要で、資金が自由になるから重要です。これが出来ないと失敗が許されなくなります。逆に出来ると、何度も挑戦が出来るようになります。

●銘柄入れ換えによる格差

売却してはじめて、入れ換えが出来ます。極端な話、売らなければずっと同じ銘柄に期待を寄せることになってしまいます。これでは、株はとても窮屈になり成功する可能性が極端に低くなってしまいます。だからこそ、売却して、入れ換えていくことがとても重要なのです。入れ換えたその時から、未来は変わっていくのです。

●大化け株の売買による格差

大化け株を掴んだとしても、5%の利益で売ってしまったら元も子もありません。大きく取れるものは取っていくことがとても重要です。保有も重要なのです。大化け株は売るのは簡単で保有が難しいのです。

この3つのプロセスはつながっています。

こうゆうサポートこそ、株では重要なサポートです。何故なら、そこに格差が生じていく要因があるからです。

銘柄名 株は投資格差がとても大きく開くが、どうして?
まずは3ヶ月/9,000円~の会員登録でライジングブルの実力をお試しくださいませ!
株式投資顧問紹介
会員登録はこちらから
pageTop