ファーマフーズの株価は今後どうなる?

【仕手株と大化け株の違い】ファーマフーズ(2929)は仕手株? 更新日時2015/02/10 01:01

ファーマフーズ(2929)は仕手株?

【スタート時の詳細】
銘柄名 ファーマフーズ
コード 2929
市場 東証マザーズ
推奨内容 仕手株事例
【どんな人にお勧め?】
推奨内容 仕手株事例
投資戦略の内容
投資期間
投資家のレベル
お薦め度合い
どんな人にお勧め?
【終了時の詳細】
終了株価
売買完結しているか否か

ファーマフーズ<2929>の簡易コメント

典型的な仕手株。

弊社の成功ナビでは仕手株は取り扱っていません。


仕手株と大化け株の違いについて

仕手株はなぜ悪いのか?

仕手株と大化け株の違い

大化け株は元の値段にまで戻ることは大半はありません。4倍になっても2倍にまでは落ちることはあっても元には戻らないのが通常です。ガンホーも80倍になったあと、下げましたがまだ20倍の水準です。もちろん新たな悪い材料が出れば別ですが、大化け株は実体が伴っていてバブルではないからです。
 

仕手株は3倍になったら1/3もしくは1/5などもっと下がるのが特徴の一つです。ゆっくり時間をかけて下がるケースもあります。


この値動きの違いが大化け株と仕手株の一つの違いです。

なぜこうなるのでしょうか?

仕手株は大半が需給だけが材料でほかの材料はとってつけたような材料が大半です。


買われるから上がる、買われるから上がるというリズムが、下がりだすと売りが売りを呼びます。ジェットコースターのような株といえましょう。あまりに短期に上がる株はまず仕手株ではないかと疑いをかけた方がいいと思います。


上がるからいいじゃないか?と思われる方もいらっしゃいましょう。


上がった分下がります。


実体のないバブルですから、いつかははじけ、売りが売りを呼ぶ展開になってしまいます。


上手く売買出来る上級者ならともかく初心者は絶対に手を出すべきでない株といえましょう。株をいやになる要素が満載だからです。


上級者でも何度かやって懲りた方は多いと思います。それだけ仕手株は厄介なものです。上がれば上がるほど魅力的に見え引っかかりやすいのです。


株の特性上、始めは出来高も売買代金もわずかな水準から始まり、天井に近いところで出来高や売買代金がピークとなります。

これは何を意味するかといいますと最初に参加できる人はごくわずか、天井に近いところで参加する人が大半ということです。


つまり、少数の勝ち組と多数の負け組ができる構図なのです。天井で買ってしまったらすぐに逃げなければ、大怪我をしてしまいます。買って放置は許されない株です。


本物(大化け株)と偽物(仕手株)の区別が初心者には難しいと思います。

仕手株になる可能性がある株の特徴は

小型株

資本金が少なく、発行されている株式の数が少ない、いわゆる品薄株。聞いたこともないような会社も多くあります。

売上が100億円以下で、利益も赤字のケースが多くあります。黒字でも100倍や200倍など高いPERまで買われるのが特徴です。

時価総額がスタート時は低い水準からスタートしますが、段々高くなります。それだけ資金を呼び込んでいくからです。

日本の個人投資家が育っていかない理由の一つがこの仕手株の存在があり、株に懲りてしまう要素が多分にあるのです。

仕手株を買うとどうなるでしょう?

心理がころころ変わります。
 

上がったことで有頂天になり、次の瞬間で下がってどん底になりと見ているだけで気持ちがころころ変わります。ギャンブルだからです。

仕手株を買うと生活にギャンブルを持ち込むようなものです。株はギャンブルとは違いますが仕手株はギャンブルと心理状態も性格も一緒だからです。


ゼロサムゲームという言葉を聞いたことがあるでしょうか?


参加者全員の損益を合計すると0になるということです。誰かが勝てば誰かが負けます。


大化け株は参加者全員の損益を合計すると大きなプラスです。


行って来いになった仕手株は参加者全員の損益を合計すると大きなマイナスになるものです。だから利益を奪い合う騙し合いの世界になってしまうのです。結局、犠牲者は何も知らない初心者などで、マイナスを抱えて込んでしまい株に懲りてしまうのです。


だから仕手株には易々と手を出さないようにしましょう。


弊社ではあらかじめ出来る限り仕手株は排除して買い推奨銘柄を決定しています。


2015年も本物の大化け株が買い推奨できるようにしていきますので、本年も宜しくお願い致します。

お申し込みはこちらから
一覧に戻る
まずは3ヶ月/9,000円~の会員登録でライジングブルの実力をお試しくださいませ!
株式投資顧問紹介
会員登録はこちらから
pageTop