株のサポートの特徴
ライジングブル投資顧問が推奨する対応方法

買って放置するのと弊社の売買サポートの違い

買って放置するのと弊社の売買サポートの違い

普通の買いものは買う前に情報を集め、買ったら後は使うだけで売買を前提としていません。初心者の方は特にこの普通の買いものと同じ感覚で株も買ってしまうからです。

ただ、他の商品と決定的に違う株の特徴は「変動商品」であり「市場」があるということです。ここでは、買って放置するのと弊社の売買サポートの違いについて、ご紹介します。

市場の変化について

株価も日々変化しますし、価値も変化していきます、経済状況や決算が発表されれば企業価値そのものが変動していきます。この変動していくことに対応していかなければ、到底株で財産を形成していくことは不可能です。

3年前と今では経済状況も企業の置かれている状況も当然異なり、日々その状況は変化しています。そんな状況にもかかわらず、ずっと同じ銘柄を大事に保有してしまう方も多いのです。「いつかは変わるだろう」と淡い期待を抱きながら・・・。

また、いつでも売買が可能な「市場」が開かれていることも他の商品と全く違うところです。常に「売買」が可能で、「他の銘柄」に乗り換えることが可能です。これが車であればそうは簡単に出来ません。株は簡単に低コストで乗り換えられますから、そのメリットを最大限に使わなければとても損ですし、不利なのです。

買って放置することで損すること

特に損をしてしまった株ほど、売るに売れなくなり、塩漬けになりがちです。売らなければ損は確定しないということで、目をつむってしまうと悪循環に陥ってしまいます。いつまで待っても状況はそう簡単には変わりません。もし状況が変わってきたときには、とても大きなチャンスが通りすぎてしまった時ということになりましょう。

株式市場には常に色々なチャンスがあるのですが、自身が保有している銘柄が動かなければ、いくらチャンスがあっても、これでは全く関係なくなってしまいます。

ただ、幸い、株を売りさえすれば、動かせる資金が出来ます。その資金を活性化して、活きた資金にしていけば、状況は変わっていくでしょう。

一気に全てを売る必要はありません。

徐々に動かせる資金を作っていけば良いのです。最初は50万円だけでも、動かない銘柄を売って捻出して、その資金が徐々に上手く育っていき、活性化していけば、他の資金もそのまま放置しておくのがもったいなくなって、動かしたくなってきます。

それだけ、株は動かしようによって、パフォーマンスや気持ちが大きく変わってくるのです。これを一度体験することがとても重要です。

弊社では短期売買でもなく放置するのでもない

弊社の売買サポートは短期間で3%や5%で売り買いするのでもなく、買ったら放置するのでもありません。これらは両極端な方法です。

弊社の売買サポートシリーズは放置しているように見えても、それは「保有が最適」と判断しているからに他ありません。売り買いが頻繁になるときがあるのも、それは「次に大きな値幅を取れる銘柄を売買しながら探っている」からに他ありません。

必ずどんな銘柄でも遅かれ早かれ、売り買いしていくことが重要です。それは、常にトップランナーでいられるはずがないからです。

結局、放置を選択すると、お客さまご自身が一番苦しむ結果になってしまうのです。数えきれないくらいの例があります。

あくまでも、弊社の売買サポートは「お客様の株式財産をどんな相場にも対応させながら、資産を増やしていく」ために存在しています。

pageTop