株のサポートの特徴

買いサポートについて

サポートを受ける際、株の買い方の特徴やどんなサポートがあるのか気になりますよね。ここでは、弊社の買い推奨の特徴について、ご紹介します。

買い推奨の特徴とサポートについて

弊社の買い推奨は通常の買い推奨とは異なります。ポイントは、はじめから買うことを前提とした買い推奨であり、必ず買い推奨した銘柄は売却までサポートすることです。

買い推奨したら、そのまま放置するのではなく、追加で買い推奨するケースもありますし、大きな値幅取りをサポートするために保有持続を推奨するケースもあります。逆に早期に損切りするケースもありますが、必ず売却までサポートすることが特徴です。

そして、その売却した資金は次の買い推奨へと受け継がれ、どんどん継続的にサポートすることが特徴です。

弊社の買い推奨の特徴は、最初から5%や10%の上昇を狙うのではなく、1.5倍、2倍、3倍を狙いにいく買い推奨です。

当然、失敗ケースも出てきますが、その場合も失敗した場合の損切りや銘柄入替などのサポートでフォローしていき、最終的に成功へと導いていくためのサポートがされます。

買いから売却までに至る期間は相場状況や銘柄の人気度、過熱感などを総合的に判断して、その都度変化していきます。1週間で売却するケースもあれば、半年間も保有を続けるケースもあります。千差万別です。この点も特徴の一つです。

追加の買い推奨

自信度が高まったり、よりウェイトを高めた方が良いと判断した場合は、追加で買い推奨を行い、投資金額に占めるウェイトを高めます。

100%成功するわけでは当然ありませんが、ウェイトを高めていく銘柄の成功確率はかなり高く、大化けしていく可能性は高いのが今までの実績です。

ガンホーやコロプラ、アドウェイズ、日本通信、ミクシィ、全てこの追加の買い推奨で推奨の度合いを高めてきた銘柄です。一度きりの買いチャンスではなく、何度も買いチャンスはあるのです。

その後の売買サポートを受ける(保有持続による大きな値幅取り支援など)ことで、劇的に変わっていく機会は今後もたくさんあるでしょう。

ライジングブルの買いサポートの特徴

  • 大化け期待の大きな銘柄の買い推奨に限定
  • メール配信および会員サイトにアップ
  • 投資金額に合わせた株数やウェイトも明示した買いサポート
pageTop