株のサポートの特徴
ライジングブル投資顧問が推奨する対応方法

株をやる人とやらない人の格差は大きく開く

株をやる人とやらない人の格差は大きく開く

格差が生まれる要因

低金利が続いています。また、為替も1ドル110円台と円安が定着してきております。こうゆう状況の中、個人の家計は何の対策もしなければ圧迫されていきます。

アベノミクス効果が徐々に現れ始め、デフレから脱却し始めているからです。ものの値段が下がらなくなってきており、円安傾向により輸入品も値上がり傾向にあります。その分、給料が上がればいいのですが、思ったように上がらないのが通常です。

余裕資金を低金利に預ける一方で、ものの値段が上がれば、自ずと家計は圧迫されていきます。もちろん、消費税もきいてきます。

企業は儲かれど、家計に還元されない、という仕組みです。

格差を打破していくために動こう

これを打破していくには、企業の儲けを家計に還元できる仕組みを作るしかありません。それこそ、株と言えましょう。ですから、株を取り組んだ家計とそうではない家計とでは余裕度で大きな格差が開いてくる時代に突入したと言えましょう。

もちろん、株をやればそれで良いという問題ではありません。

同じ株をやっていても、これまた格差が開きます。やり方やリスクの回避の仕方、売買方法、銘柄選択などによって、大きな差が開いてしまうのが株です。やり方によって、マイナスになることもあれば、何倍にもなるのが株です。だから、信用でき実績のあるアドバイスを受けられるかどうかが重要な鍵を握ります。

まだ始められていない方は、まずは日経平均のパフォーマンスと弊社の成功ナビのパフォーマンス、ご自身の株財産のパフォーマンスを比べて見ることをお勧めします。

直近一年でも半年でも良いと思います。

開いた格差は、月を追うごとに開いていっていると思います。いつまで経っても縮むどころか開いていく性質に気づくと思います。つまり、早ければ早いほど、効果が出るのも早く、遅れれば遅れるほど不利な状況になっていくことを意味します。

その上で、どこに照準を合わせて、パフォーマンスをあげていくのがいいのかをご自身で判断していくしかありません。

弊社としては、株をやっている人の中でも勝ち組になれるように、今後も今まで通り、精一杯アドバイスしていきます。

pageTop